ママパパ広場

このページでは、保護者の方向けに、園での行事などの様子をご報告いたします。
クラスをクリックすると、そのクラスに関係する記事のみ表示します。


2021 年 9 月 10 日 金曜日8月の様子

親指と人差し指を器用に使ってつまみ横に並べたり、両手で積み木を持ち、すり合わせてカチカチと鳴らしたりと遊び方は様々です。保育士と一緒に上に積み木を重ね、それが崩れると「きゃはは」と笑いながらももう一度チャレンジする子どもたち。バランスよく積み重ねることは子どもたちにとって難しいことで保育士も手を貸してしまいそうになりますが、そこはぐっとこらえ、自分で何度も挑戦する姿や子どもたちが見つけた発見を大切にしています。


積み木を手に取り、耳に当てて“もしもし~”と電話遊びをし始めました。保育士や友だちに電話をかけたり、友だちの耳に当て一緒に遊んだりして楽しそうな様子。子どもたちにとって見立て遊びは、創造性や表現力などを育む上で重要な遊びの一つです。普段の何気ない大人の行動をよく見て、子どもたちなりに考え真似て遊ぶ発想力に保育士も驚きです。


「はじまるよ♪はじまるよ♪」と手遊びを歌い始めると、“なになに~”といった様子で保育士の周りに集まる子どもたち。普段から絵本を見ることが大好きな子どもたちは、「自分でページをめくりたい」という思いが出てき始めました。そこで、広告チラシの写真を張り付け子どもに合わせた保育士手作りのミニ絵本を用意すると、興味津々な様子で”見せて“と手を伸ばしアピール。めくるたびに出てくる写真に指をさし「あ!」と声に出して教えてくれたり、嬉しそうに野菜やお弁当を”パクパク“と口を動かして食べる真似をしたりして遊んでいます。


わらべうた『ここはてっくび』

♪ここはてっくび てのひら (手首と手のひらを指さします)

ありゃりゃに こりゃりゃ (親指、人差し指をつまみます)

せったかぼうずに いしゃぼうず (中指、薬指をつまみます)

おさけわかしの かんたろうさん (小指を2回つまみ、つまんだ小指を放り投げるように離します)

各部位をやさしくなぞったり、指に軽い刺激を与えながら触れ合ったりする遊びです。つぼみクラスの子どもたちも、歌いだすと自分の手や足を歌に合わせつまむ姿が見られます。また、このわらべうたは、手洗いうたとしても活躍します。手洗いをする機会が増えている今、おうちでも楽しく歌いながらお子さんと一緒に行ってみてください。


お知らせメール配信