ママパパ広場

このページでは、保護者の方向けに、園での行事などの様子をご報告いたします。
クラスをクリックすると、そのクラスに関係する記事のみ表示します。


2021 年 8 月 11 日 水曜日7月の様子

にじクラスは子どもたちの好きな色の絵の具で色水氷を作りました。その氷を使ってお絵描きをすると、冷たくてどんどん溶けていく氷の不思議な感触を味わいながら「わー!綺麗な色だね」「色が混ざってきたよ」と話す子どもたち。「先生!黒の氷だけどんどん溶けちゃった」と他の色の氷と比べて気付いたことを教えてくれた子どもも…。どうして黒だけ溶けるのが早いのか8月の氷遊びでも子どもたちと一緒に考えていきたいです。


そらクラスは、氷遊びの前日に色水、ビーズ、プリズモ、ビー玉など凍らせてみたい物を用意したり、選んだカップに水の量を考えながら入れたりして自分たちで氷遊びの準備をしました。自分たちが用意した氷ができているかドキドキしながら登園し、いよいよ氷遊びが始まると「凍ってる!」と氷になっていたことに大喜び。「どうやっておもちゃを取ろうかな」と試行錯誤したり、水に足をつけて「いつもの水より冷たいね」と友だちと笑い合ったり…。思いっきり遊んだ後は、床が濡れていることに気づいて床を拭いたり、玩具を片付けたりして最後まで子どもたち自身が考えて遊ぶことができました。


7月7日は、七夕の日。子どもたちは七夕の日に向けて笹飾りを作ったり、短冊に願い事を書いたりして笹に飾り「もうすぐ七夕だね」と楽しみにする子どもたち。七夕の集いでは、七夕の由来や意味について知ったり、友だちに自分の願い事を発表したりしました。「笹は真っすぐ元気に生えるから特別な力があるんだよね」「織姫と彦星会えるかな」と絵本や保育者の話から七夕の由来を理解して友だちと話す姿も…。「お天気晴れたらいいね」と願いながら「たなばたさま」の歌を歌いました。みんなの願いが叶いますように。


お知らせメール配信