ママパパ広場

このページでは、保護者の方向けに、園での行事などの様子をご報告いたします。
クラスをクリックすると、そのクラスに関係する記事のみ表示します。


2021 年 9 月 10 日 金曜日8月の様子

アイスの形や水風船の形をした氷を部屋に置いていると「なにこれ?」と恐る恐る触ってみる子どもたち。「冷たい!これ氷だ」と躊躇なく触りに行く子どもや、興味はあるものの冷たさに驚き、一歩後ろから見守る子どもなど様々な反応が見られました。氷がどんどん溶けていくと「なんか小さくなってる」と変化に気づいたり、「手が熱いよ」とかじかんだ手に戸惑い慌ててお腹で温めようとしたりと初めての氷遊びではたくさんの経験と発見がありました。


今月は氷と水だけでなく、色水遊びも行いました。タライの中に「赤・青・黄」の三色が入っているのを見て「おぉ~」と興奮した子どもたちはそれぞれ好きな色のタライに集まり、手を浸けてみたりカップやボウルに色水を移し替えてみたりと絵の具あそびとはまた違った色遊びに大はしゃぎ。保育士がボウルの中に3色を少しずつ入れ、色を混ぜていると子どもたちも真似をし自分だけの素敵な色を作る様子も見られました。遊び方や面白さを知った子どもたちは「またしようね」と次回の水遊びも楽しみなようです。


「落ちないように…」「おっとっと」とバランスを取りながら慎重に飛び石を渡る子どもたち。今月は室内でサーキット遊びをすることが多く、なかでも飛び石が大人気。「落ちたらワニさんいるからね~」と保育士が言葉がけをすると「え?どこにもいないやん」と言いながらも落ちないように必死で全身を使ってバランスを取っている姿が可愛らしかったです。また、4月の頃よりも大幹や足腰が強くなっているな、と成長も感じられました。


「これなーんだ」と子どもたちにスライムを見せると「???」と大半の子どもたちが頭にハテナマークを浮かべていました。触るとぐにょぐにょしており手にもくっつくため、苦手な子どもが大勢いるのではないかと予想していましたが見事に全員が興味を持ち触っていたことに驚きました。スライムの柔らかさや冷たさが心地よく頭や顔に付けたりずっと触っていたりと大満足な子どもたち。来月はただ触るだけでなく様々な色を用意し、色を混ぜるという楽しみ方も経験できたらなと思っています。


お知らせメール配信